ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

番場遺跡(ばんば)

所在地

本巣市軽海(もとすしかるみ)

地図(外部サイト)

時代

縄文時代から江戸時代

 

発掘区近景

発掘区近景(南西から撮影)

発掘区近景

発掘区近景(東から撮影)

 

 

発掘状況

 番場遺跡は南北約1,200m、東西約700mの範囲に広がる遺跡であり、遺跡の東端には墳丘全長63mの前方後円墳である宗慶大塚(そうけおおつか)古墳(県史跡)があります。発掘調査は平成26年度に実施し、その発掘区は宗慶大塚古墳から西南西約300mの地点に位置します。発掘調査では、古墳時代前期を中心とする時期の竪穴建物掘立柱建物方形周溝墓溝状遺構土坑などを検出しました。

竪穴建物と掘立柱建物

竪穴建物

竪穴建物完掘状況(北から撮影)
掘立柱建物
掘立柱建物完掘状況(東から撮影)
竪穴建物2軒と掘立柱建物3棟を検出しました。竪穴建物は重複しており、1軒の土坑から残りのよい甕(かめ)が出土しました。また、掘立柱建物3棟のうち1棟は一辺が3.10mの正方形の建物で、建物を構成する柱穴が方形です。建物の形状や柱穴の配置から、倉庫のような機能が考えられます。

方形周溝墓

方形周溝墓完掘

方形周溝墓完掘状況(南から撮影)

周溝と土坑の位置関係

周溝と土坑の位置関係(南東から撮影)

周溝内の土坑

周溝内の土坑(北から撮影)

方形周溝墓を1基検出しました。発掘区が狭小であるため方形周溝墓の規模は不明ですが、周溝の幅は3.26m、深さは0.94mです。また、周溝が埋まる過程で掘削された土坑から多数の土器が出土し、土坑の形状や出土遺物の様相から土坑墓(どこうぼ)の可能性が考えられます。

溝状遺構

溝
溝状遺構掘削風景(南から撮影)
土師器出土
土師器出土状況(北東から撮影)
甕出土
底部に穿孔のある甕の出土状況(北西から撮影)
鍬出土
北部九州型直柄鍬出土状況(東から撮影)

 幅約6m以上の大規模な溝状遺構を3条検出しました。そのうちの1条からは多数の土師器とともに石器や木製品、種子(しゅし)、貝殻などが出土しました。このうち、いくつかの土師器は完形のものが潰れたような状態で出土し、底部に穿孔(せんこう)のあるも出土しました。また、木製品では弧線(こせん)が複数組み合った線刻(せんこく)が描かれた作業台や、福岡平野を中心とする北部九州地方に特徴的な縦長の柄孔(えあな)をもつ北部九州型直柄二又鍬(ほくぶきゅうしゅうがたなおえふたまたくわ)が出土しました。溝状遺構の底面付近ではイシガイという貝殻が破片も含めて31点出土し、溝の花粉分析ではクワ科の花粉が多く見つかりました。

 

遺跡紹介に戻る