ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

柿田遺跡中国磁器

遺跡名

柿田遺跡

所在地

可児郡御嵩町顔戸・可児市柿田

時代

中世

種類

中国磁器

出土状況

自然流路跡(NR29)

 

柿田遺跡中国磁器幅約10.9m・深さ1mの自然流路跡から出土した、中国磁器(龍泉窯系青磁)の碗です。製作時期は11C後半〜13C中頃です。高台の断面は四角形です。内面には草花文が描かれています。

口径:12.0cm
底径:5.4cm
器高:3.8cm

 

 

 

 

遺物紹介へ戻る