ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

今渡遺跡陶器

遺跡名

今渡遺跡

所在地

可児市今渡

時代

中世

種類

陶器

出土状況

土葬墓(ST1)

今渡遺跡から出土した中世の陶器の写真土葬墓(ST1)から出土した瀬戸美濃産の丸皿です。内面の釉薬が一方に厚くたまり、底面には輪トチを剥がした跡が残っています。埋納された銭貨「元豊通寶(げんぽうつうほう)」1枚と一緒に出土しました。室町時代(16世紀後半)のものと考えられます。

 

口径9.6cm
底部4.2cm
器高2.4cm

 

 

 

 

遺物紹介へ戻る