ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

「平成30年度タイムスリップ探検隊」を開催しました

概要

平成30年7月24日(火)に中切上野遺跡(高山市中切町)などで、「平成30年度タイムスリップ探検隊」を開催しました。飛騨地域の小学5・6年生とその保護者(9組18名)の皆さんが、発掘作業や整理作業(遺物洗浄・拓本作業)といった、埋蔵文化財の調査活動に探検隊として参加しました。

発掘作業体験の様子

最初に発掘作業を行う中切上野遺跡についての説明を聞き、実際に調査で見つかった竪穴建物の様子を見学しました。
堅穴建物の紹介
そして、発掘道具である両刃鎌と箕(み)を持ち、いよいよ発掘です。開始間もなく縄文土器や石器が顔を出しました。暑い中での発掘作業体験でしたが、探検隊のみなさんは自分の手で発掘し、縄文土器や石器を発見するうれしさに笑顔でいっぱいでした。

発掘作業体験の様子

 

発掘作業体験の様子2

整理作業体験の様子

遺物洗浄体験

午後からは飛騨国府事務所に場所を移して、整理作業体験を行いました。
まずは、今年度中切上野遺跡から見つかった縄文土器を洗う体験をしました。縄文土器は表面がやわらかく傷つきやすいので、柔らかいブラシで軽く叩くように丁寧に洗います。探検隊のみなさんはきれいになった縄文土器をみながら、元の形を想像したり、表面の様々な文様を興味深く観察したりしていました。

遺物洗浄体験の様子

拓本体験

拓本作業にも挑戦しました。拓本は、縄文土器の表面に描かれた文様を正確に写し取ることができます。1点目では苦戦していた探検隊員も、2点目、3点目と数を重ねるごとにうまくできるようになりました。
拓本体験の様子
拓本をとった後は、色とりどりの台紙に貼り付け、名前や思い出を書き込みました。これをラミネートして、立派な夏休みの作品となりました。

できあがった作品

修了証授与

今日1日タイムスリップ探検隊の隊員として任務を果たした皆さんに、修了証が授与されました。

修了証授与の様子

参加者の感想

  • いろいろな遺物が出てきて楽しかったし、拓本や遺物洗いなどの体験ができてよかった。また歴史に関係するイベントなどがあったら参加したい。(6年児童)
  • 黒よう石など、飛騨地区以外から持ちこまれたものなどが出てきたのはすごいと思った。小さい土器しか見つけられなかったので、できれば次も参加したい。(5年児童)
  • 暑い中ありがとうございました。文化財保護のために働いてみえる方のことをよく知れたし、その方のおかげで飛騨の歴史を記録が出来ていることが分かりました。高速道路などができて、どんどん昔の跡がなくなって行くのは少し寂しいなと思いました。多くの子どもが飛騨(岐阜)の歴史を知るイベントなどがもっとあったらいいなと思いました。(保護者)
  • 昨年度に続き参加させて頂いて、子どもはもちろん親も貴重な体験ができて楽しかったです。子どもはタイムスリップ探検隊に参加したことで歴史など全部に興味を持ち、社会が好きになってくれてうれしく思います。また、いろいろと参加できるものがありましたら、参加させていただきたいです。(保護者)

 

イベントファイルにもどる