ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

中切上野遺跡の発掘調査が終わりました

 平成30年5月から高山市で実施していた中切上野遺跡の発掘調査が12月に終わりました。今年度の調査では、縄文時代前期の竪穴建物が22軒、中期のものが16軒見つかりました。中切上野遺跡のこれまでの成果とあわせて、遺跡の立地する傾斜地の南側を中心に当時の集落が広がっていたことを確認することができました。
発掘区の様子 
中切上野遺跡発掘区全景
縄文時代の堅穴建物 
縄文時代前期の竪穴建物
縄文時代の堅穴建物2 
縄文時代中期の竪穴建物

センター調査だよりにもどる