ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

堅田遺跡・美濃国分尼寺東遺跡の整理等作業を行っています

堅田遺跡と美濃国分尼寺東遺跡は、不破郡垂井町北西部に所在する遺跡で、堅田遺跡は平成26年度と27年度に、美濃国分尼寺東遺跡は平成26年度に発掘調査を行いました。発掘調査では、縄文時代、古墳時代から鎌倉時代、江戸時代の人々の生活の痕跡を確認しました。
今年度は、発掘調査で確認した遺構や出土した遺物の整理等作業を行っています。現在は遺物実測図の作成と、遺物実測図トレース作業を行っています。また、発掘区周辺の字絵図についてもトレース作業を行っています。明治時代に作成された字絵図からは、当時の土地の区画や利用状況について、多くの情報を得ることができます。出土した遺物から分かる情報と併せて、こうした情報も活用しながら、調査成果の整理を進めています。
実測作業の様子
遺物の実測作業の様子

トレース作業

字絵図のトレース作業の様子

 

 

センター調査だよりにもどる