ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

高屋遺跡の発掘調査が終わりました

 瑞浪市で実施していた高屋遺跡の発掘調査が終わりました。今回の調査では、柱の根本が残ったままの柱穴や、古代の須恵器や土師器の破片が多く出土した溝など、昔の人々の生活痕跡をいくつも確認することができました。9月に入ってからは、遺跡から出土した遺物を洗ったり、重さを計測したりする一次整理作業を行っていますが、文字が書かれた須恵器の破片も見つかりました。
柱根出土状況
地中に残っていた柱の根本部分

墨書土器 
墨で文字が書かれた須恵器の破片

 

 

センター調査だよりにもどる