ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

栗原九十九坊跡で発掘作業を行いました

 7月上旬から、不破郡垂井町栗原に所在する栗原九十九坊跡の発掘作業を行いました。これまでの調査で、東西方向の溝や複数の土坑を確認したほか、古代から近世の遺物が出土しました。土坑の中には最大幅2.0m、最大深0.8mの大型のものもあり、その中から土師器片や羽釜などがみつかりました。発掘区周辺の山中には複数の平坦部や切通し(山や丘などを掘削し、人が通れるようにした道)など、山岳寺院に関わる施設がよく残り、大規模な寺院跡を想像することができます。今後の調査で、発掘区を含めた栗原九十九坊跡の一端が明らかになることが期待されます。

古銭の出土状況
出土した古銭

土坑の掘削状況 
大型の土坑

 

センター調査だよりにもどる