ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

センター調査だより

当センターで行っている発掘調査・整理作業の様子や、教育普及活動の様子をお知らせしています。

 

平成31年度

平成31年度の発掘調査・整理作業、教育普及活動の様子をお知らせします。

平成30年度

平成30年度の発掘調査・整理作業、教育普及活動の様子をお知らせします。

 

六里遺跡で出土した古墳時代の土器を紹介します(3月4日)

カマドから出土した土器を紹介します

刀剣も出展中!『見せます!古墳の出土品』を開催中です(2月21日)

2月23日(土)に展示解説を行います

中切上野遺跡の発掘調査が終了しました(2月13日)

当時の集落の広がりを確認しました

堅田遺跡から出土した珍しい遺物を紹介します(1月28日)

渥美産の香炉の蓋を紹介します

大垣市スイトピアセンターで「”食”の考古学展〔たべる〕」を開催中です(1月25日)

展示替えに伴って、展示解説を行いました

『見せます!古墳の出土品』を開催中です(1月21日)

1月26日(土)と2月23日(土)には展示解説も行います

上切寺尾古墳群から出土した特徴的な土器を紹介します(1月18日)

台付装飾壺を紹介します

南光寺寿楽寺で歴史講座を実施しました(1月15日)

地元住民をはじめ、多くの方々に参加いただきました

洞第2古墳群から出土した珍しい遺物を紹介します(1月10日)

珍しい石製品と、折れ曲がった剣を紹介します

OKBふれあい会館で講座を開催しました(12月27日)

岐阜圏域の遺跡から出土した遺物等を通して、発掘調査の内容や意義について学びました

御望A遺跡で出土した縄文土器(12月19日)

縄文時代早期や中期の土器も確認できました

北方京水遺跡から出土した古瀬戸の燭台が接合しました(12月17日)

約20mはなれた溝から出土した破片が接合しました

六里遺跡の整理等作業を行っています(12月12日)

遺物の分類・接合作業や復元作業、実測作業を行っています

上保本郷遺跡から出土した「美濃国」刻印須恵器(11月29日)

上保本郷遺跡から出土した「美濃国」刻印須恵器を紹介します

岐阜市歴史博物館で講座を開催しました(11月16日)

土器の実測作業、拓本作業などを通して、整理作業について学びました

白川町町民会館で講座を開催しました(11月9日)

実物の石器や土器に触れながら、古代の人々のくらしについて学びました

中切上野遺跡で見つかった縄文時代の石囲い炉(10月18日)

多角形の珍しい形の炉を確認しました

堅田遺跡・美濃国分尼寺東遺跡の整理等作業を行っています(9月26日)

遺物の実測・トレース作業を行っています

高屋遺跡の発掘調査が終わりました(9月19日)

柱の根本が残った柱穴や溝を確認しました

寿楽寺廃寺跡の内容確認調査を行いました(9月13日)

白鳳期創建と考えられる古代寺院跡です

大垣市スイトピアセンターで「食の考古学展その2」を開催中です(9月10日)

縄文時代から近世にかけての貯蔵に用いられた遺物を展示しています

栗原九十九坊跡で発掘調査を行いました(9月3日)

古代から近世の遺物が出土しました

総合教育センター研修「授業に活かす考古学講座」を行いました(8月23日)

埋蔵文化財を授業に活用する方法について学校の先生方と一緒に考えました

龍渓寺跡の内容確認調査を行いました(8月20日)

中世の五輪塔や近世の磨崖仏が残る寺院跡です

六里遺跡で古墳時代の溝や竪穴建物が見つかりました(8月9日)

集落の調査を進めています

北方京水遺跡から出土した山茶碗が接合しました(7月26日)

大型の土坑から出土した山茶碗の破片が接合しました

上保本郷遺跡から出土した温石(7月17日)

上保本郷遺跡から出土した温石を紹介します

中切上野遺跡の調査が始まりました(7月2日)

古墳の墳丘や周溝の調査を進めています

御望A遺跡の整理等作業が始まりました(6月28日)

遺物の接合作業を行っています

西田遺跡出土の土偶が東京国立博物館特別展で展示されます(6月26日)

三角形の頭をもつ土偶です

高屋遺跡の調査が始まりました(6月6日)

瑞浪市高屋遺跡で発掘調査を開始しました

大垣市スイトピアセンターで「食の考古学展その1」を開催中です(5月30日)

縄文時代から近世にかけての調理に用いた遺物を展示しています

文化財保護センタートップページに戻る