ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

センター調査だより

当センターで行っている発掘調査・整理作業の様子や、教育普及活動の様子をお知らせしています。

 

令和2年度

令和2年度の発掘調査・整理作業、教育普及活動の様子をお知らせします。

 

名滝遺跡の調査を進めています(7月17日)

昔の人々の生活していた痕跡を検出しています

明徳遺跡の調査が始まりました(6月22日)

土器がまとまって出土しました

中切上野1号古墳の整理等作業が始まりました(5月20日)

遺物の接合作業を行っています

令和元年度

令和元年度の発掘調査・整理作業、教育普及活動の様子をお知らせします。

 

中切日焼遺跡で発掘作業を行いました(3月26日)

古代の掘立柱建物や竪穴建物を確認しました

名滝遺跡で発掘作業を行いました(3月24日)

井戸や区画溝を確認しました

飛騨市歴史講座で出前講座を実施しました(1月17日)

地元住民をはじめ多くの方々に参加いただきました

大屋敷遺跡の整理等作業が終了しました(12月11日)

縄文土器が縄文時代前期から中期のものであることがわかりました

中切日焼遺跡で掘立柱建物と竪穴建物を発見しました(11月20日)

古墳時代から平安時代の建物です

寿楽寺廃寺跡の内容確認調査を行いました(10月23日)

飛鳥時代の基壇を確認しました

栗原九十九坊跡の様相が見えてきました(10月11日)

栗原九十九坊跡の整理等作業を進めています

土岐上平遺跡で竪穴建物を発見しました(9月30日)

弥生時代末から古墳時代初頭の建物です

土岐上平遺跡で現地見学会を開催しました(9月24日)

竪穴建物を5軒発見しました

上保本郷遺跡の整理等作業が始まりました(7月11日)

遺物の接合作業を行っています

正傳寺跡の整理等作業を進めています(6月26日)

どこも壊れていない徳利が見つかりました

中切上野1号古墳の調査が始まりました(6月21日)

古墳の墳丘と周溝を確認しました

大屋敷遺跡の発掘作業を行いました(6月18日)

縄文時代の土坑を確認しました

国分寺遺跡の整理等作業が始まりました(5月30日)

遺物の接合作業を行っています

 

文化財保護センターに戻る