ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

明方の山村生産用具[みょうがたのさんそんせいさんようぐ]

■分類 重要有形民俗文化財
■指定別
■所在地 郡上市明宝明宝歴史民俗資料館
■所有者 郡上市
■指定年月日 昭和54年5月21日
明方の山村生産用具
 「明方」は現在の郡上市明宝の以前の名称である。明方は長良川の上流域に位置し、村の大部分を森林によって占められている。そのため、そこに暮らす人たちは自然と関わりを持ちながら農業・林業を行って生活を立ててきた。これらの道具はそうした山村での生活で使用した生産用具を集めたものである。生産用具として収集されているのは、木挽きや炭焼きが使用した山樵関係用具、焼き畑や田畑で使用した農耕用具、染織用具、手仕事関係用具、運搬具並びに仕事着、飲食器、信仰用具などがあり、典型的な山村生活の生活様式を知る上で貴重な資料である。これらの用具は明宝歴史民俗資料館に陳列されている。