ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

ヒトツバタゴ自生地[ひとつばたごじせいち]

■分類 天然記念物
■指定別
■所在地

中津川市蛭川

瑞浪市釜戸町

恵那市笠置町

(愛知県犬山市)

■所有者

中津川市

宿区外

長楽寺外

■指定年月日 大正12年3月7日
ヒトツバタゴ自生地
 タゴはモクセイ科トネリコの別名であり、トネリコの葉は羽状の複葉であるが、この種は単葉のため、「一つ葉のタゴ」でありこの名がある。ヒトツバタゴは比較的最近になって知られるようになった植物で、文政8年(1825)、尾張の本草学者水谷豊文によりはじめて紹介された。見慣れない植物であったことから「ナンジャモンジャ」とも呼ばれた。5〜6月頃に木一面に白い花を付け見事である。この種の国内での分布は、木曽川中流域と対馬のみである。
岐阜県内の自生地(指定地)は、瑞浪市釜戸町森前と百田半原沢にそれぞれ数本が自生している。恵那市の笠置山にある自生地は、大正8年(1919)に県内で最初に発見されたところである。また、中津川市蛭川奈良井地内の和田川沿いに数本自生していたが、現在は1本である。