ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

飛水峡の甌穴群[ひすいきょうのおうけつぐん]

■分類 天然記念物
■指定別
■所在地 加茂郡七宗町上麻生洞野清水平細尾谷上山川平地先
■所有者 七宗町
■指定年月日 昭和36年7月6日
飛水峡の甌穴群
 JR高山本線上麻生駅の東約600mの飛騨川に架かる上麻生橋から上流約2kmの間は峡谷をなし「飛水峡」と呼ばれている。また特異な岩石景観からロックガーデンとも称されている。
付近一帯は古生代のチャート層の岩石段丘で、チャート層の褶曲構造も複雑であり、段丘の甌穴(ポットホール)の規模や形態も多種多様である。甌穴は直径1m以上のものだけでも500個を数え、それ以下の小さなものまでを含めると900個にも及ぶ。また、甌穴の中には円礫が残っているものも確認できる。
「飛水峡の甌穴群」は、その大きさにおいて、またその数において日本を代表する地域である。