ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

野古墳群[のこふんぐん]

■分類 史跡
■指定別
■所在地 揖斐郡大野町野
■所有者 大野町外
■指定年月日 昭和32年7月10日、平成元年3月7日、平成26年10月6日
野古墳群
 野古墳群は、大野町の北端、標高23m程度の低台地に位置している。約1km四方の範囲にわたって、前方後円墳や円墳、方墳などが28基以上密集して築造されていた。
現在は、前方後円墳8基、方墳1基の9基が遺存している。これらの古墳群の周囲は、水田、柿畑になっており、遠望すると古墳が海に浮く小島のように見える。全長83m、三段築成の前方後円噴の登越古墳が最も大きく、最も小さい古墳は一辺15.8mの方墳8号墳である。
昭和32年(1957)の史跡指定後、順次、指定地の公有化が図られ、昭和57年(1982)以後平成6年まで、範囲確認を目的とした発堀調査が行われてきた。昭和57年(1982)の南屋敷西古墳の調査では、周濠と外濠が確認され、築造年代については出土した円筒埴輪から5世紀後半と想定された。翌58年(1983)の7号墳の調査では、主体部と周濠の確認調査が行われた結果、県下に類例の少ない帆立貝形古墳であることが判明した。さらに、平成元年の調査では、モタレ古墳の周濠が確認され、木器が出土した。また、平成6年の調査では、8号墳が一辺15.8mの方墳であること、9号墳は円墳とされていたが小形の前方後円墳であることが明らかになった。