ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

向小島城跡[むかいこじまじょうあと]

■分類 史跡
■指定別
■所在地 飛騨市
■所有者 個人所有
■指定年月日 昭和34年11月16日
向小島城跡
 向小島城は古川盆地の北端にあって、越中富山から高山に至る越中西街道をおさえる位置にある。街道をはさんで小島城と相対する。築城年代、創築者とも明らかでないが、飛騨国司姉小路氏の一族向氏の居城であったと推測される。
笹ヶ洞から旧大手道を登りつめた頂上平地は主郭で、3方に大小数段の小平地を突出させている。出丸の西方70mほどで二の曲輪に達する。二の曲輪南方にも数段の小平地を突出させ、二の曲輪・主郭の北方には何段かの曲輪を設けている。主郭につづく三の曲輪から東北方向に下降する地形に沿って、段々の小平地が連なり、その先端に掘切を造っている。