ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

熊野古墳[くまのこふん]

■分類 史跡
■指定別
■所在地 可児市広見
■所有者 可児市
■指定年月日 昭和32年3月25日
熊野古墳
 熊野古墳は、可児川と久々利川に挟まれて東西に伸びた丘陵の西端平地に位置している。円墳の墳丘の封土は、上半がほとんど流出し、横穴式石室の上部が大きく露呈している。
円墳の直径は約20m、高さは3.6mくらいであったと推測されている。玄室の長さは4m、幅1.8mであり、羨道の長さは4.25m、幅1.35mである。天井石は縦4.35m、横2.75mの一枚の巨岩である。この古墳から須恵器が出土したと伝えられる。