ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

琴塚古墳[ことづかこふん]

■分類 史跡
■指定別
■所在地 岐阜市琴塚他
■所有者 岐阜市、文部科学省外
■指定年月日 昭和9年8月9日
琴塚古墳
 琴塚古墳は岐阜市の東部、金華山の南東に広がる台地の東辺に位置する前方後円墳である。主軸の方向は南南西で全長が115m、後円部直径68m、高さ10.8m、前方部幅74.2m、高さ7.8mである。くぴれ部の両側に造り出しを有するとともに二重の濠をもち、内濠幅18〜32m、外濠幅7.2mで、境の堤の幅は10.5mである。墳丘は三段築成で、葺石、円筒埴輪をもつ。
築かれた時期は5世紀後半と推定されている。