ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

飛騨国分寺塔跡[ひだこくぶんじとうあと]

■分類 史跡
■指定別
■所在地 高山市総和町
■所有者 国分寺
■指定年月日 昭和4年12月17日
飛騨国分寺塔跡
 飛騨国分寺は、高山盆地のほぼ中央に位置している。境内には室町時代に建てられた国重要文化財の国分寺本堂があって、その東側に塔心礎がある。この心礎は、創建当時のものと推定されている。形状はほぼ方形である。上面に円柱座を造り出し、その中央部に円形の穴があけらている。心礎の大きさは、約2m四方で、高さは約1mである。円柱座の径は133cm、高さ1cm、穴の径58cm、深さ29cmで、ほぞ穴式心礎である。石質は俗称「松倉石」とよばれる、流紋岩である。
塔心礎の本来の位置は不明であるが、大正年間(1912〜1926)に現在の場所に移され、保存されている。