ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

堂之上遺跡[どうのそらいせき]

■分類 史跡
■指定別
■所在地 高山市久々野町久々野堂之上
■所有者 高山市
■指定年月日 昭和55年3月24日
堂之上遺跡
 堂之上達跡は、南方に張り出した舌状台地、標高約680mの緩斜面上に立地している。縄文時代前期から中期を主体とした集落跡であるが、早期の押型文土器も少数出土した。
土器には、関東・信州・東海・近畿各地方の影響が見られる。石棒を立てた石囲炉や、埋甕の風習を伴う住居跡、複式炉をもつ敷石住居跡等43軒が確認された。集落は、台地中央の土こう群を取り囲むように馬蹄形、ないしコの字形を呈している。
縄文時代の生活と祭祀、文化交流のあり方等を典型的に示す重要な遺跡である。
現在は史跡公園として整備され、竪穴住居跡の一部が復元されている。出土遺物は、史跡指定地に隣接する歴史民俗資料館に展示されている。