ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

刀[かたな]銘近江守源久道[めいおおみのかみみなもとのひさみち]

■分類 重要文化財
■指定別
■所在地 岐阜市御手洗
■所有者 岐阜護国神社
■指定年月日 昭和52年3月11日
刀[かたな]銘近江守源久道
・法量長さ69.55cm、反り1.21cm先幅2.0cm中心[なかご]長さ21.0cm目くぎ穴1個
・銘文枝菊紋近江守源久道
・形量刀鎬造[しのぎづくり]
・鍛杢目[もくめ]肌に板目流れこころになる
・刃紋乱れ丁字に尖[とが]り刃交る
・帽子三品[さんぴん]風に大丸で浅く返る
・中心鑢目[やすりめ]細かい勝手下り栗尻
この刀は、寛文新刀の山城鍛冶近江守源久道の作である。また、刀は寛文新刀の典型的な姿で、反り浅く、身巾広く、鎬造りで刃紋も高く焼き、豪壮な刀姿である。
なお、この刀は、刀箱に記された通り、鷹森中将により奉納されたものである。