ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

美濃橋[みのはし]

■分類 重要文化財
■指定別
■所在地 美濃市曽代曽代地先前野
■所有者 美濃市
■指定年月日 平成15年5月30日
美濃橋
 美濃橋は、美濃市街地の北部に切り立つ小倉山の西方を、長良川が湾曲して流れる地点に架かる吊橋である。大正4年8月起工、同5年8月に竣工した。建設後、長良川を横断する主要道路の一つとして機能したが、昭和40年代以降、歩行者用道路として利用されている。美濃橋は長良川に対してほぼ直角方向に架かる橋長113m、支間116m、幅員3.1mの単径間補鋼吊橋である。両岸に据えられたアンカーレイジに、主塔から吊るされた主ケーブルを碇着し、岸縁に配された2基の主塔間全体にわたり、吊ケーブルが主ケーブルと横桁を連結している。木製床版部分を除いて建設当初の部材が今なお使用されている。主塔は、高さ9.8m、鉄筋コンクリート造で、各塔頂部に鉄製の滑動支承を設けている。美濃橋は、わが国に現存する最古の近代吊橋として、橋梁建設史上価値が高い。また、近代吊橋の要素を構造躯体全体に備え、建設当時わが国で最大級の支間を実現した、大正期を代表する吊橋として重要である。