ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

熊野神社本殿[くまのじんじゃほんでん]

■分類 重要文化財
■指定別
■所在地 高山市国府町西門前
■所有者 熊野神社
■指定年月日 昭和54年2月3日
熊野神社本殿
 この本殿は、桁行1.827m、梁間(庇とも)1.073mの流れ見世棚造で身舎[もや]正面は床立柱を立てて3間にしているが、身舎背面と庇正面は1間である。土台を廻し身舎は円柱腰長押[なげし]・半長押(正面のみ)、内法長押打ち隅柱にのみ丸桁[がんぎょう]と一木の舟肘木[ふなひじき]を組み、軒は一軒繁垂木[ひとのきしげたるき]とする。
妻は虹梁撥束[こうりょうばちづか]を立て、束の上部には花肘木状の絵様を造りだし、斗を置いて指棟を受ける。庇は面取り方柱(面の大きさ約1/10)に腰長押を打ち、連三斗[つれみっと]を組む。頭貫[かしらぬき]はなく左右の柱上でそれぞれ内方に象鼻状に造り、外方は繰形[くりかた]を付けた肘木形をしている。肘木の形は唐様[からよう]で、巻斗を一木で造りだし、巻斗は直接丸桁を支持する。庇と身舎とは海老虹梁[えびこうりょう]で繋ぎ軒は打越垂木とする。身舎の柱間は正面3間が板扉、ほか横板壁とする。正面の板扉は中央間のみ内法長押を一段上げて扉口を高くしていたものを昭和61年10月からの修理により、3間通しに復し、戸口の高さを旧規に復した。この修理の折り、切除された背面の軒、正面軒の欠失した布裏甲、降懸魚なども復旧され、棟及び鬼板も整えられた。
屋根は柿葺[こけらぶき]でけらばには軒付を積まず堰萱となり、そのため箕甲[みのこう]はほとんどなく破風板との間には三日月形の板を嵌めていたが、破風板上の櫛形を撤去して布裏甲を復し、箕甲を整えた。
庇頭貫や妻飾[つまかざり]の珍しい手法、屋根けらばの古式な納まりなど見るべき点が多い。荒城神社、阿多由太神社本殿に続くもので、飛騨地方の神社建築の流れを知る上にも重要である。