ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

安国寺経蔵[あんこくじきょうぞう]

■分類 国宝
■指定別
■所在地 高山市国府町西門前
■所有者 安国寺
■指定年月日 明治42年4月5日
昭和38年7月1日(国宝)
安国寺経蔵1安国寺経蔵2
 安国寺とは足利尊氏、直義兄弟が夢窓国師の勧めにより後醍醐天皇以下、元弘の戦死者の冥福を祈らんとして光厳上皇に命じ全国に建てさせようとしたもので、太平山安国寺は正平2年(1347)瑞厳和尚が建立したと伝えられる。臨済宗妙心寺派。
経蔵は桁行、梁間とも1間一重裳階[もこし]付き(外見は方3間重層)入母屋造柿葺[いりもやづくりこけらぶき]、妻飾は大虹梁大瓶束式[こうりょうたいへいつかしき]、軒は疎[まばら]垂木とし、鼻には繰形をつける。組物[くみもの]は裳階を出三斗[でみっと]の詰組とし、欄間は浪連子[なみれんじ]で飾ってあるが、柱下には礎盤がなく土台をおく。身舎[もや]の組物は出組とし裳階との境(明層)にはおさ欄間をはめて内部を明るくしてある。出入口は正面中央間だけで少し風変わりな桟唐戸[さんからと]の下に異様な連続藁座[わらざ]をあててある。内部は拭板敷とし内陣の四隅柱は海老虹梁[えびこうりょう]を以て裳階とつなぎ広い内陣をつくる。その天井は鏡天井、裳階は化粧屋根裏とし、すべて極彩色のあとをとどめた折衷式の建物である。なお、ここにわが国最古の八角輪蔵がある。