ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

絹本著色愛染明王像[けんぽんちゃくしょく・あいぜんみょうおうぞう]

■分類 重要文化財
■指定別
■所在地 本巣市
■所有者 個人所有
■指定年月日 明治30年12月28日
 愛染明王は人間がもっている愛欲をむさぼる心を金剛薩た(さった※「た」の漢字はつちへんに垂)の浄菩堤心の境地にまで高めた状態を意味する。日輪を光背にし、三月で頭上には獅子冠をつける。左手第1手は拳、第2手は五鈷杆、第3手は金剛弓を持つ。右手第1手には蓮華、第2手は五鈷杆、第3手は金剛箭を持っている。