ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

木造円空作仏像群[もくぞうえんくうさくぶつぞうぐん]狛犬[こまいぬ]

■分類 重要文化財
■指定別
■所在地 関市洞戸奥洞戸宮下
■所有者 高賀神社
■指定年月日 昭和42年2月14日
木造円空作仏像群
●一木造彫眼
●像高左善女龍王:175.6cm中央十一面観音:221.2cm右善財童子:174.6cm
★像高十一面観音:221.2cm虚空蔵菩薩:148.6cm善財童子2体:68.7cm174.6cmその他13躯:13.2cm〜175.6cm狛犬1対:95.0cm98.5cmその他2対:27.7cm〜31.0cm
 17躯の円空仏がある。十一面観音、虚空蔵菩薩、善財童子像は像高も高く、共に断面は三角形をしていることから1本の木を縦に3分割したものと考えられる。いずれも素朴で大づかみな表現であるが、生命感が躍動している。
また、狛犬3対も指定を受け、その中で最大のものは、像高95.0cm、98.5cmの一対である。これは、1本の丸木を二つに割って造ったものである。狛犬は、元は大陸から入ってきたもので、伝統の流れがあるが、円空はこれを見きわめて、独自のものを創出している。