ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

薬師如来坐像[やくしにょらいざぞう]

■分類 重要文化財
■指定別
■所在地 各務原市那加雄飛ヶ丘
■所有者 薬師寺
■指定年月日 昭和32年12月19日
木造薬師如来坐像
●檜材寄木造玉眼
●像高:45.0cm自顎至頂:16.0cm自髪際至頂:6.0cm面幅:9.0cm面奥:11.0cm膝張:37.0cm
 薬師瑠璃光如来の坐像で寄木造である。本像はもと奈良薬師寺にあったが、大正年間この薬師寺に遷座したものである。眼は玉眼であり、唇は朱色で塗られている。面相は、眼が中央やや下がって、たるみ鎌倉様である。口はそら豆状をなし、墨描の髯が残っている。両手は後補で、左手に薬壺[やっこ]を持っている。全体の彫りは深くなく、温顔で快慶様の流れをくんでいる。