ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

喜八河戸(きはちごうど)

 

喜八河戸

 

 寛弘2年(平安中期)の頃、当時は庶民の近寄り難い有名な陰陽師、安部清明が諸国巡遊の途中、当村の住人喜八の家に宿した折、湧き出る清水の効力を褒めました。それ以来、いかに長い日照りが続いても涸れることがないこの清水は、夏冷冬暖で古くから村人たちに最適の生活用水として使われ、水道が引かれた今日でも、日常生活に欠かすことができない水として、またコミュニケーションの場として利用されています。
また、この清水は単に生活用水にとどまらず「薬効のある水」としても知られており、この水を万病に効く不思議な水として、飲用している人も多いと聞いています。

 

名水所在地

地図揖斐川町東横山(外部サイト)

 

問い合わせ先(担当課)

揖斐川町生活環境課
TEL:0585-22-2111
FAX:0585-22-4496