ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

平成19年度アスベスト大気環境測定結果

 アスベストによる大気汚染の現状を把握し、今後の対策の基礎資料とするため、平成19年10月から平成20年3月にかけて、アスベスト除去作業現場周辺におけるアスベスト濃度測定を行い、結果がまとまりましたのでお知らせします。
測定結果は、全国の状況と比較して、問題となる濃度はありませんでした。

飛散性アスベストの除去作業現場で「最大3.2本/リットル」という他の調査結果と比較してやや高い値が検出されましたが、環境省は、全国調査における「最大3.95本/リットル」(アスベスト除去作業現場周辺)という調査結果を含めて、「問題になるレベルではない」としています。

測定場所 濃度【本/リットル】

 

○アスベスト(飛散性)除去作業現場周辺

公共施設 多治見市 0.34〜0.57
公共施設 美濃市 0.23〜0.68
事業所 多治見市 0.11〜0.34
公共施設 関市 0.23〜0.45
事務所 各務原市 0.34〜0.34
公共施設 揖斐川町 0.34〜3.2
アパート 各務原市 0.23〜0.34
事業所 養老町 0.23〜0.34
学校 瑞浪市 0.23〜0.34
工業施設 可児市 0.45〜0.68
<平成18年度環境省調査(56地点):最大3.95>

<参考>
  • 本表の濃度は、大気中のクリソタイル(白石綿)の濃度を表す。
  • 測定方法は、環境省アスベストモニタリングマニュアル第3版(平成19年5月)による。
  • 原則として各対象施設の東西南北4箇所で4時間測定(1地点当たり4検体)
  • 基準は定められていないが、大気汚染防止法に規定するアスベスト発生施設の敷地境界基準は10本/リットル以下