ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

第170号生活協同組合コープぎふ多治見支所

第170号生活協同組合コープぎふ多治見支所

業種

各種商品小売業

170号

所在地

〒507-0071

多治見市旭ヶ丘10丁目6-100

電話番号

0572-27-8752

コメント

 生活協同組合コープぎふは、「笑顔あふれる協同のくらし」のコープぎふ理念に基づいて、「事業活動」「提供する商品・サービス」「地域社会における環境活動」のそれぞれの分野で、環境保全型社会づくりに寄与していきます。

見学受入

見学をご希望の方は、経営企画部CSRグループ(058-370-6832)までご相談ください。

 

E工場登録年月日

平成20年1月23日

事業の内容

組合員への商品・サービスの供給事業

特筆すべき取組項目

(特に重点的に配慮している項目)

・事業活動の中での環境負荷を低減するためISO14001環境マネジメントシステムを運用している。

・組合員とすすめるリサイクル活動で、商品案内(カタログ)、牛乳パック、食品トレー(店のみ)、タマゴパックの回収を行っている。

地域的な環境保全

(公害防止)

・地域の環境フェアーに参加
各地域で開催された環境に関するイベントにブース出展した。コープぎふの環境配慮商品や環境の取組みを紹介し、体験企画なども取り入れた。

化学物質の適正管理

(該当なし)

廃棄物・リサイクル対策

・共同購入配達時での回収や店舗に設置した回収ボックスを通じて、組合員から資源物を回収している。
(コープぎふとして)

リサイクル
牛乳・紙パック回収量58t
卵パック回収量20t
商品案内回収量2959t、回収率74%
内袋回収量30t、回収率40%
食品トレイ回収量6t

・多治見店と可児店で発生する野菜や果物のくず、魚のあら、日切れ品等は、発生抑制に努めたうえで、養豚用の飼料にリサイクルしている。

飼料化している食品残量さ33t

・全店舗で揚げ物などに使用した食用油は、精製されてBDF(バイオディーゼル)燃料に再資源化している。

再資源化している使用済食品油量8485L

二酸化炭素削減等

地球環境保全対策

・2014年度は共同購入の燃料使用量は監視項目とした。

・商品代金のうち1円が山・川・海を守るための基金(珊瑚の植え付けや森の植樹活動などに活用)となる商品の普及に取組んだ。
・2014年2月に多治見支所に太陽光発電設備を設置し、年間62,071kwhの発電量であり計画を上回った。

緑化・地域の環境保全

活動への協力支援

・全店舗でレジ袋が有料化されており、レジ袋代金の収入を活用して地域の環境活動を応援している。
2014年度は「他団体・行政の取組み支援」「リサイクル活動等の支援」「寄付・寄贈」に活用。
多治見地域では多治見市内の幼稚園・保育園4園へ絵本を寄贈した。

ISO14001認証取得年月日

平成12年4月25日

ホームページへのリンク

外部サイト

http://www.coop-gifu.jp/