ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

第145号岐阜県各務原浄化センター

第145号岐阜県各務原浄化センター

業種

下水道処理事業

145号

所在地

〒504-0923

各務原市前渡西町1521番地

電話番号

058-386-8338

コメント

人に親しまれる施設を目指し、美しい自然と生活しやすい環境を次世代へ継承します。

見学受入

見学をご希望の方は、(公財)岐阜県浄水事業公社(電話058-386-8330)にご相談ください。

 

E工場登録年月日

平成16年1月9日

事業の内容

木曽川右岸4市6町における下水道終末処理施設

特筆すべき取組項目

(特に重点的に配慮している項目)

○緑化への積極的取組

 ・敷地内には、面積90,000m2の芝生を有し、また、約3,500株の樹木が植栽されており、専門業者により、その維持管理に努めている。

 ・バラ園では、28品種のバラが約400株植えられており、専門業者により栽培管理している。

○産業廃棄物処理・リサイクル対策

 ・下水処理の過程で発生する下水汚泥(年間約34,000t)は、バイオマス燃料及びセメント原料として、100%リサイクルを進めている。

 ・事務用品等は、県の機関としてエコマーク、グリーン購入法適合品等の環境に配慮した物品の購入に努めている。

○二酸化炭素削減等地球環境保全対策

 ・センターでは、年間1,800万kWh以上の電力を消費しているが、電力使用量原単位の対前年度以下の維持を目標としている。

地域的な環境保全

(公害防止)

・定期的な検査により、基準値(BOD3mg/L、SS8mg/L等)以内であることを確認している。

今後も管理基準値を維持し、遵守する。

化学物質の適正管理

・定期的な検査により、排出量を把握し、管理基準値以内であることを確認している。

今後も検査による確認を継続する。

廃棄物・リサイクル対策

・汚泥のリサイクル量をマニフェストにより把握し、リサイクル率100%を確認している。

今後も汚泥のリサイクル率100%を継続。

二酸化炭素削減等

地球環境保全対策

・環境に配慮した物品の購入優先を義務付け、購入の都度確認している。
・再生紙利用率について目標95%以上を達成している。
・電気使用量原単位(電力量/流入水量)について、平成26年度以降は対前年度以下の維持を目標値として、目標達成に向けて取り組んだ結果、平成28年度は、水処理5、6池の運用開始及び流入水量の減に伴い前年度比2.0%増で目標を未達成。

緑化・地域の環境保全

活動への協力支援

・90,000m2の芝生及び3,500株の樹木を有し、専門業者により維持管理に努めている。
・バラ園では28品種、400株のバラを専門業者により栽培管理している。

ISO14001認証取得年月日

平成11年9月20日

ホームページへのリンク

外部サイト

http://www.gifu-jyousuikousha.or.jp/