ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

第11号ムトー精工(株)

第11号ムトー精工(株)

業種

プラスチック製品製造業

11号

所在地

〒509-0147

各務原市鵜沼川崎町1丁目60番地の1

電話番号

058-371-1100

経営方針等

廃プラスチックの分別徹底で平成17年度以降、ゼロエミッションを継続中。

見学受入

見学をご希望の方は、総務課(TEL058-371-1100)にご相談ください。

 

E工場登録年月日

平成12年11月30日

事業の内容

プラスチック製品製造業

(家電製品、通信機器及び自動車関連のプラスチック部品を金型設計から成形、塗装・印刷、レーザー加工・真空蒸着及び組立に至る一貫生産体制で供給)

特筆すべき取組項目

(特に重点的に配慮している項目)

<継続中の取組項目>

・廃プラスチックのゼロエミッションを継続

・廃プラスチックをリサイクル化し、塗装治具に活用(洗浄溶剤を削減)

・バイオブースを導入した塗装工場で廃溶剤を大幅削減

・蛍光X線(XRF)分析装置の導入運用により、原材料及び製品のグリーン調達を強化

・新型金型洗浄機の導入運用により、洗剤溶剤を削減し、リサイクル化

・工場の照明を高効率ランプに取替え省エネ化を促進

地域的な環境保全

(公害防止)

・環境負荷項目の自主測定を継続しており、側溝への少量の排水もpH監視・測定を継続している。

・クーリングタワーの地下水を循環利用しており、地下水の使用量を抑制している。併せて、地下水を上水道に切り換えており、利用の抑制をしている。
・乾燥ライン用のボイラーの燃料について、環境負荷の小さいLPGを継続して使用している。

化学物質の適正管理

・各種法的要求事項に関する化学物質の使用量等を徹底して管理している。
・顧客のグリーン調達への対応として、環境管理物質の検証を徹底している。蛍光X線分析(XRF)装置による受入検査の徹底を強化している。

廃棄物・リサイクル対策

・ISO14001により廃棄物削減の計画表を策定しており、年間1%以上の削減を目標に削減を推進している。
・ラップ及び樹脂トレーのマテリアルリサイクルを推進している。
・廃棄文書類(コピー用紙)を全面的に県内の製紙工場にリサイクルの依頼しており、その工場で製造されたリサイクル製品であるトイレットペーパーを全社で使用している。
・全廃棄物の再資源化を推進している。

二酸化炭素削減等

地球環境保全対策

・使用電力削減の計画表を策定しており、年間1%以上の削減を目標に削減を推進している。

・各種設備機器を省エネタイプに順次変更しており、省電力を推進している。

・不要照明の消灯、エアコンのON/OFF管理及び温度設定管理を徹底している。

・クールビズ及びウォームビズを実施している。

(夏:28℃以上、冬:18℃以下でエアコンを使用。)

緑化・地域の環境保全

活動への協力支援

・全社員が月に1回の周辺清掃を継続して実施している。

ISO14001認証取得年月日

平成11年12月27日

ホームページへのリンク

外部サイト

http://www.muto.co.jp/hp-data/