ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

令和2年7月豪雨により被災された方に対する県営住宅の無償提供について

 

 岐阜県では、令和2年7月豪雨により被災された方に対し、県営住宅を下記のとおり提供します。

 

1入居対象者

 

 令和2年7月豪雨により被災され、市町村等が発行する「罹災証明書」の交付を受けることが出来る方

 

2入居条件など

 

(1)許可の要件:被災者及び同居者(被災時において同居していた者に限る)が県内に住所を有し、暴力団員でないこと。

 

(2)入居期間:1年以内

 許可期間満了後も、ご希望により入居を継続いただくことが可能です。

 

(3)使用料等:入居に係る費用については以下のとおり。

 【敷金】免除

 【住宅使用料】免除

 【駐車場使用料】1台分については免除

 【その他(水道光熱費、共益費等)】入居者負担

 

(4)所得要件:被災されている方であれば収入に関わらずご入居いただけます。

 

(5)連帯保証人:不要

 

3対象となる住戸

 

 県営住宅の空き住戸(内即入居可能な住戸:7戸)

 ※詳細についてはお問い合わせください

 

4申込方法・問い合わせ先

 

 制度全般に関するお問い合わせは、下記連絡先にて承ります。

 県営住宅の無償提供にあたっては、お住いの市町村と適宜調整をさせていただきますのであらかじめご承知おきください。

 

 〒500-8570

 岐阜市薮田南2‐1‐1

 岐阜県都市建築部住宅課

 電話:058-272-1111(内線3661)

 

5必要書類

 

(1)申請書及び誓約書(問い合わせ先にて配布)

 

(2)入居を希望される方全員が記載された住民票の写し※

 

(3)罹災証明書※

 

 ※やむを得ない理由により申請時に提出できない場合は、事後(入居後1か月以内)の提出を認めます

 

6備考

 

・申し込みから入居までは数日程度お時間をいただきます。

 

・岐阜県住宅供給公社が管理する公社賃貸住宅においても無償提供を行っております。

 詳細についてはこちらをご覧ください。