ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

食品ロスの削減について

食品ロスとは

 食品の製造や調理過程で生じる残さ、食品の流通過程や消費段階で生じる売れ残りや食べ残し、各家庭から排出される調理くずや食べ残しなどを『食品廃棄物』といいます。

 この食品廃棄物のうち、まだ食べられるのに廃棄されてしまう食品のことを『食品ロス』といいます。

 

 国内で1年間に発生する食品廃棄物等は2,842万トンあり、うち食品ロスは646万トンとなると推計されています。

 (平成27年度推計。農林水産省及び環境省による調査、推計。)

 

 この食品ロスの量は、国民1人1日当たりにすると約139グラムになり、おおよそ茶碗1杯のご飯の量に相当します。

 

食品ロス削減に向けた動き

 近年、食品廃棄に関する国際的な関心が高まり、2015年の国連サミットでは、2030年までに1人当たりの食料廃棄を半減させる目標を定めた「持続可能な開発のための2030アジェンダ」が採択されました。

 

 国内では、「食べものに、もったいないを、もういちど。」を標語として、製造・流通、外食、家庭・消費者といった食品ロス発生の段階別にモデル的な削減の取組みを支援し、生活者一人ひとりの意識・行動改革に向けて、官民あげての『食品ロス削減国民運動(NO-FOODLOSSプロジェクト)』を推進しています。

 

食品ロス削減のために

商慣習の見直し

 食品流通業界では、メーカー・流通の段階で食品ロスが生じる要因のひとつとして、食品を安全に食べられる期限である「消費期限」や、品質が変わらずにおいしく食べられる期限である「賞味期限」を基準に、納品期限や販売期限を厳しく定めた商慣習があります。

 食品ロス削減のために、商慣習を見直し、従来の厳しい期限を緩和するなどの取組みが進んでいます。

 (参考)農林水産省ホームページ商慣習検討(外部サイト)

 

 また、商習慣の背景には、消費者が1日でも先の食品を買おうとする行動があります。

 「消費期限」や「賞味期限」について正しく理解して、食品ロス削減のために適切な商品を買うことも大切なことです。

 

容器包装の高機能化

 多くの加工食品や包装メーカーでは、食品の容器包装の高機能化に取り組むことで、従来より賞味期間を延長したり、使いきりやすくしたりできるようになり、食品ロス削減につながっています。

 (参考)農林水産省ホームページ容器包装リサイクル法関連(外部サイト)

 

ご家庭などでできる食品ロス削減

 国内の食品ロス量646万トンのうち、家庭から出る量は289万トンを占めています。(平成27年度推計)

 家庭から出る食品ロスを削減するためには次のようなことが大切です。

 

○冷蔵庫などにある食品の在庫を適切に管理して、食品を使いきりましょう。

○食品を買うときは、食べられる分だけ買うなど、計画的な買い物をしましょう。

○食べられる野菜の芯や皮、お肉の脂身など、食材を過剰に除去しないようにしましょう。

○生ごみを捨てるときは、水気をきってごみの量を減らしたり、堆肥化して活用しましょう。

○消費期限や賞味期限を正しく理解しましょう。日持ちする食品は、賞味期限を過ぎても、すぐに食べられなくなるわけではありません。

 

 また、外食するときにできることには次のようなことがあります。

 

○小盛りメニューや小分けメニューを上手に活用して、自分に合った食べきれる量を注文しましょう。

○食べ放題のお店では、食べきれない量を無理してお皿に盛ったりして、食べ残しをしないようにしましょう。

○食べ残したものを持ち帰ることができる場合は、自己責任の範囲で、食中毒に十分注意して、できるだけ速やかに、再加熱するなどして安全な状態のものを食べましょう。

 (参考)消費者庁ホームページ飲食店等における「食べ残し」対策に取り組むにあたっての留意事項[PDF:283KB](外部サイト)

 

○宴会や結婚披露宴などでは、乾杯後の30分間やお開き前の10分間など、食べるための時間を十分にとって、食べきるようにしましょう。

 (参考)環境省ホームページ食品リサイクル関係普及啓発用資料(食品ロス削減運動)3010運動(外部サイト)

 

岐阜県の取組み

 廃棄物対策課では、食品廃棄物の削減をするための啓発に取り組んでいます。

 これまでに、ごみ減量に向けた事業を通じて、食品廃棄物の削減についても取り上げてきました。

 (参考)ごみ減量化に関する啓発事業について

 平成30年度より「ぎふ食べきり運動」を推進しています。ぎふ食べきり運動(県ホームページ)

 

 また岐阜県は、福井県が提唱した『全国おいしい食べきり運動ネットワーク協議会』に参加しています。

 この協議会は、「おいしい食べ物を適量で残さず食べきる運動」の趣旨に賛同する普通地方公共団体により、広く全国で食べきり運動などを推進し、もって3Rを推進すると共に、食品ロスを削減することを目的として平成28年度に設立された自治体間のネットワークです。

 今後、参加自治体と協力して、食べきり運動の普及・啓発や、食品ロス削減に関する取組みなどの情報共有などを行っていきます。

 (参考)全国おいしい食べきり運動ネットワーク協議会公式ホームページ(外部サイト)

 

関連リンク集

 食品ロスの削減に関連するサイトをご紹介します。

 

消費者庁ホームページ食べ物のムダをなくそうプロジェクト(外部サイト)

 

農林水産省ホームページリサイクル食品ロス(外部サイト)

 

環境省ホームページ食品リサイクル関連(外部サイト)

 

環境省ホームページ食品ロスポータルサイト(外部サイト)

 

全国おいしい食べきり運動ネットワーク協議会公式ホームページ(外部サイト)