ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

内陸直下地震に係る震度分布解析・被害想定調査結果(平成31年2月公表)

 1.調査目的

 平成28年熊本地震では、30年地震発生確率が「不明」と評価されていた断層帯や調査が未実施の断層帯において大規模な地震が発生しました。

 このため、前回の震度分布解析・被害想定調査(平成23年度から24年度実施「南海トラフの巨大地震等被害想定調査(内陸直下型の想定地震含む)」)に加えて同調査において未実施の断層帯等について、最大震度を想定した震度分布の解析、被害想定調査を実施し、本県の地震防災対策の強化を図るものです。

 

 2.調査期間

 平成29年7月から平成31年2月

 

 

 3.調査結果

(1)報道発表資料(PDF:1,071KB)

(2)資料1各断層帯の震度分布及び被害想定(PDF:1,143KB)

(3)資料2市町村別調査結果(概要)(PDF:106KB)

(4)資料3市町村別データ集(PDF:286KB)