ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

清流の国ぎふ防災・減災センター

局地的豪雨や台風、南海トラフ地震等の超大規模災害に対し、被害を軽減させるためには、地域防災力の強化が不可欠です。

実際に災害対応を行う岐阜県と、高度教育機能・研究機能を持つ岐阜大学が共同して、防災・減災にかかる実践的シンクタンク機能を担う「清流の国ぎふ防災・減災センター」を平成27年4月に岐阜大学構内に設置し、地域防災力の強化を図っていきます。

 ◆事業内容・実施体制PDF(334KB)

 ◆「清流の国ぎふ防災・減災センター」(外部サイト)

 ◆facebook(外部サイト)(清流の国ぎふ防災・減災センターフェイスブック)

 

 

新着情報

1月のげんさい楽座について(1/17更新)

令和2年度げんさい未来塾塾生募集について(1/14更新)

防災活動大賞選考結果について(1/8更新)

シンポジウム「気候変動と社会変化に適応しつづける岐阜の実現に向けて」開催(1/7更新)

避難所運営指導者養成講座参加者募集します(12/23更新)

 

 


お知らせ

毎月開催!「げんさい楽座」のご案内

げんさい楽座は、専門家と一般参加者が防災・減災について語り合い、防災・減災への関心を深め、知識を得るとともに、参加者同士が意見交換を行う交流の場です。

参加者が相互に理解を深めることで、お互いに顔の見えるネットワークづくりと災害に強い地域社会を創りだすことを目指しています。

事前の申し込みは不要です。

お気軽にご参加ください。

なお、電話でのお問い合わせは、平日の午前9時から午後5時の間にお願いします。

ご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。


 

<第55回>

●日時

令和2年1月27日(月)19:00〜20:30(予定)

●場所

岐阜大学サテライトキャンパス多目的講義室(大)(岐阜市吉野町6丁目31番地岐阜スカイウイング37東棟4階)

●テーマ

「相次ぐ自然災害から何を学ぶか」

2019年も災害が相次いだ年でした。まだ記憶に新しい、10月に日本列島を襲った台風第19号は広範囲に大雨をもたらし、長野県の千曲川など、いくつもの大河川の堤防が決壊等の被害を受けました。また、その直前に関東地方を縦断した台風第15号では強風による大規模な停電被害が課題となりました。それ以前にも、8月には佐賀県など九州北部で集中豪雨による甚大な被害がありましたし、7月にも長崎県で大雨特別警報が発表されました。気候変動により気象現象の極端化が懸念されている現在、私たちは過去の災害から何を学び、どう備えておくべきか考えます。

【プログラム】(※予告なく変更する場合があります)

(1)「趣旨説明・停電被害の影響波及(胆振東部地震・台風第15号)」

 能島暢呂/岐阜大学工学部教授

(2)「外部支援の受入と生活再建:地域の視点から(H30年7月豪雨)」

 小山真紀/岐阜大学流域圏科学研究センター准教授

(3)「ボランティア・NPOによる支援について(8月大雨・台風第15号、第19号)

 栗田暢之/(特非)レスキューストックヤード代表理事(清流の国ぎふ防災・減災センターコーディネーター)

(4)「平成30年7月豪雨/令和元年台風第19号を受けて社会はどう変わるか」

 原田守啓/岐阜大学流域圏科学研究センター准教授

(5)ディスカッション

 


 

【今後の予定】

<第56回>

日時:令和2年2月17日(月)19:00〜20:30(予定)

場所:岐阜大学サテライトキャンパス(岐阜市吉野町6丁目31番地岐阜スカイウイング37東棟4階)

テーマ:「外国人防災リーダー育成講座について」

講師:小山真紀岐阜大学流域圏科学研究センター准教授(予定)

 

※開催時間、内容など、予告なしに変更になる場合がありますので、ご了承ください。

 


 

防災活動大賞選考結果について

防災活動大賞公開選考会を、昨年12月21日にハートフルスクエアGで開催しました。

選考会に先立って活動事例を募集したところ、25団体から応募がありました。公開選考会では、これらの活動について紹介するポスターを会場で展示し、駆けつけた100名程の来場者が、応募者と交流しながら投票を行いました。

 

その結果、次の3団体の活動が防災活動大賞として選考されました(応募受付順)。

 

・NPO法人防災士なかつがわ会「減災対策はまちづくり(小中学生を対象とした防災教室)」

・岐阜県立岐山高等学校防災リーダー「岐山高校型考える防災「命を守る訓練」の工夫」

・三輪南自治会連合会「三輪南小学校防災学習地域とともに」

 

報告された活動事例や当日の様子は、以下の報告書でご確認ください。

 

防災活動大賞報告書(PDFファイル注意!約14MB)


 

 

募集

令和2年度げんさい未来塾塾生募集について

「げんさい未来塾」は、「清流の国ぎふ防災リーダー育成講座」のステップアップ研修的な位置づけとなっており、地域防災・減災について主体的に担うことのできる人材を、実際の地域防災・減災の現場における実践をつうじて育成するプログラムです。

 

令和2年度の塾生を以下の通り募集します。

 

入塾をご希望される方は、募集要項等をご確認のうえ、必要書類をご提出ください。

 

募集期間:令和2年2月17日(月)から令和2年3月31日(火)

募集人員:5名程度

提出先:清流の国ぎふ防災・減災センターげんさい未来塾担当

 gfbosai-entry@gifu-u.ac.jp

(電子メール以外の送付は無効となりますので、ご注意ください)

 

応募資格等、詳細について必ず募集要項を確認してください。

 

・募集要項(PDFファイル[約800KB])

・スーパーバイザーの紹介(PDFファイル[約400KB])

・応募様式(ワードファイル[約70KB]/PDFファイル[約130KB])

・応募様式記入例(PDFファイル[約230KB])


 

シンポジウム「気候変動と社会変化に適応しつづける岐阜の実現に向けて」の開催

記録的大雨やゲリラ豪雨など、毎年のように私たちの生活を脅かしている気象現象は、近年の地球規模の気候変動が影響していると考えられており、今後気候変動の拡大に伴い気象現象はより極端化するといわれています。しかも、同時に私たちの生活を取り巻く社会構造は、人口減少や高齢化などの大きな変化の節目を迎えています。

 

そうした中で岐阜県と岐阜大学の研究者は、モデル自治体として平成27年度から文部科学省の支援を受け、5年間のプロジェクトとして、気候変動と社会構造の変化への適応方策の検討に取り組んできました。

 

今回、この5年に渡るプロジェクトの総括として以下の通り公開シンポジウムを開催します。この地域が、今後の気候変動や社会変化にも適応した住みやすい地域になっていくために必要な『これから』を議論します。


日時:令和2年1月30日(木)13:30から16:30(開場13:00)

場所:岐阜大学サテライトキャンパス多目的講義室(大)

(岐阜市吉野町6丁目31番地岐阜スカイウイング37東棟4階)


内容:※予告なく変更になる場合があります。

○趣旨説明
SI-CAT岐阜5年間の取り組みとこれから/原田守啓(岐阜大学)

○第1部岐阜県における気候変動影響と適応に向けた研究報告
報告1:気候変動による豪雨と洪水/丸谷靖幸(岐阜大学)
報告2:気候変動による豪雨と土砂災害/児島利治(岐阜大学)
報告3:中山間地域の人口動態と災害リスクの関係性/小山真紀(岐阜大学)
報告4:温暖化と森林雪害/斎藤琢(岐阜大学)

○第2部気候変動影響への適応をいかに進めていくか
講演1:岐阜県における気候変動適応の推進/堀智考(岐阜県環境生活部)
講演2:長良川流域における地域適応シナリオ構築の取組/馬場健司(法政大学客員教授)

(休憩)

○第3部パネルディスカッション
「気候変動と社会変化に適応しつづける岐阜の実現に向けて」

モデレーター 原田守啓(岐阜大学)
パネリスト 堀智考(岐阜県環境生活部環境生活政策課課長)
馬場健司(法政大学客員教授)
吉野純(岐阜大学)

小森胤樹(郡上エネルギー(株)・郡上割り箸(株)代表取締役)

蒲勇介(NPO法人ORGAN理事長)

参加費:無料

参加希望する場合は、こちら(外部サイト)から申し込みしてください。

 


参考チラシ(PDF約2.4MB)

 

 

避難所運営基礎講習参加者募集について

大規模地震時に避難所で起こる様々な事案にどのように対応していくかを模擬体験する避難所運営ゲーム(HUG)を通して、避難所の運営方法を学ぶ「避難所運営基礎講習」を、次のとおり開催します。

参加をご希望の方は、下記の申込書にて、清流の国ぎふ防災・減災センターあて、ファックスまたはメールにてお申込みください。

 

開催日時 会場 講師 申し込み期限

令和元年11月9日(土)

13:30から16:30

神渕コミュニティセンター

(加茂郡七宗町神渕4525-4)

岩井慶次

清流の国ぎふ防災・減災センター

コーディネーター

11月1日(金)
申込書(ワード・PDF)※募集は締め切りました

 


 

避難所運営指導者養成講座参加者募集について

大規模地震時に避難所で起こる様々な事案にどのように対応していくかを模擬体験する避難所運営ゲーム(HUG)を通して、避難所の運営方法を学ぶ「避難所運営指導者養成講座」を、次のとおり開催します。

参加をご希望の方は、下記の申込書にて、清流の国ぎふ防災・減災センターあて、ファックスまたはメールにてお申込みいただくか、申込フォームにより申し込みください。

 

開催日時 会場 講師 申し込み期限

令和2年1月25日(土)

13:30から16:30

大野町総合町民センター大会議室

(揖斐郡大野町黒野990)

西田重成

清流の国ぎふ防災・減災センター

コーディネーター

1月17日(金)
申込書(ワード・PDF)/申込フォーム(外部サイト)募集は締め切りました

 

開催日時 会場 講師 申し込み期限

令和2年2月8日(土)

9:00から12:00

垂井町役場垂井ホール

(不破郡垂井町宮代2957-11)

西田重成

清流の国ぎふ防災・減災センター

コーディネーター

1月31日(金)

申込書(ワードPDF)/申込フォーム(外部サイト)

 

開催日時 会場 講師 申し込み期限

令和2年2月13日(木)

13:30から15:30

多治見市役所駅北庁舎

(多治見市音羽町1丁目233番地)

岩井慶次

清流の国ぎふ防災・減災センター

コーディネーター

2月5日(水)
申込書(ワードPDF)/申込フォーム(外部サイト)

 

開催日時 会場 講師 申し込み期限

令和2年2月14日(金)

13:30から16:30

各務原市産業文化センター

(各務原市那加桜町2-186)

西田重成

清流の国ぎふ防災・減災センター

コーディネーター

2月6日(木)
申込書(ワードPDF)/申込フォーム(外部サイト)

 


 

令和元年度「清流の国ぎふ防災リーダー育成講座」について

 毎年開催している「清流の国ぎふ防災リーダー育成講座(基礎編)」については、定員に達したため、募集を停止しました。

 


過去の募集・お知らせ

過去の募集・お知らせ(令和元年度)

平成30年度の募集・お知らせ

平成29年度の募集・お知らせ

平成28年度の募集・お知らせ

平成27年度の募集・お知らせ

 


 

 清流の国ぎふ防災・減災センター

 電話:058-293-3890FAX:058-293-3891

 電子メール:gfbosai@gifu-u.ac.jp

 〒501-1193岐阜市柳戸1-1岐阜大学地域減災研究センター内

 

電話でのお問い合わせは、平日の午前9時から午後5時の間にお願いします。

ご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。