ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

医療型児童発達支援(通所)

幼児保育

 児童発達支援センターきらりでは、心身の発達に遅れのある幼児を対象に保育を行っています。遊びを中心とした諸活動を通じて、情緒や社会性の育成を図ります。また、お子さんの発達にあった遊びや基本的生活習慣等について、保育士及び指導員が支援します。

保育の目的

 通所の幼児に保護者とともに、遊びを中心とした保育を通じて深く関わり、心身の発達を促すと共に家庭での療育を支援します。

1.通所保育(親子通所)

ア.保育の区別
・異年齢集団保育(親子)
・年長児個別保育(親子分離)

イ.保育の方針
・集団保育【満1歳から年長児】
保護者の参加を得ながら子どもの発達・特性に合わせた保育を行う。

仲間と共に活動しながら、コミュニケーション能力の向上、情緒の安定など共通のテーマの実現を目指す。

 

・個別保育(親子分離)【年長児】
保護者と離れて生活する体験をしながら、社会性の向上・就学への準備を目指す。

 

3.音楽療法

・水、木曜日の午後1時限、音楽療法を実施。音楽活動を通じて発達を支援する。

 

3.年間行事
 5月 お楽しみ会  1月 新春お楽しみ会
 9月 運動会  2月 節分行事
10月 秋の遠足  3月 保育終了式
12月 クリスマス会  
4.週間プログラム

時間

月・火・金曜日

水・木曜日

10:00


10:20

登園・健康チェックと診察
朝の会(挨拶、諸連絡)

登園・健康チェックと診察
朝の会(挨拶、諸連絡)

10:30

11:10

リハビリまたは保育

リハビリまたは保育

11:20

12:00

リハビリまたは保育

リハビリまたは保育

12:00

 

昼食・休憩

昼食・休憩

13:20

14:00

午後保育(集団)

音楽療法(対象児のみ)

14:10

14:55

個別保育(年長児)

 (親子分離)

個別保育(年長児)

 (親子分離)

降園

降園