ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

お知らせ

平成27年4月から身体障害者手帳(聴覚障害)の認定基準が変わります。

厚生労働省において、聴覚障害の認定方法に関する検討が行われ、平成27年4月から身体障害者手帳の聴覚障害の認定基準が改正されることになりました。

 

平成27年4月1日から聴覚障害2級の認定には「他覚的聴覚検査」が必要です。

平成27年4月1日以降に作成された診断書・意見書について適用されます。

 

改正の概要

  • 聴覚障害で身体障害者手帳を所持していない者に対し、2級を診断する場合には、聴性脳幹反応等の他覚的検査またはそれに相当する検査(注記)を実施する。
  • 身体障害者診断書・意見書の様式を改正する。
  • 聴覚障害に係る指定医を新規に指定する場合は、原則として、日本耳鼻咽喉科学会認定の専門医を指定する。(平成27年3月31日までに指定された医師については、従前の取扱いのとおりです。)

(注記)それに相当する検査:リーフレット「遅延側音検査」「ロンバールテスト」「ステンゲルテスト」(68KB)など

 

聴覚障害の「身体障害者診断書・意見書」を作成する指定医の皆さまへ

「身体障害者診断書・意見書」の作成にあたって、聴覚障害の身体障害者手帳を所持していない者に対して2級を診断する場合は、聴性脳幹反応等の他覚的聴覚検査又はそれに相当する検査を実施し、その結果(実施した検査方法及び検査所見)と身体障害者手帳(聴覚障害)の所持の有無を記載し、記録データのコピー等を添付してください。

リーフレット聴覚障害の「身体障害者診断書・意見書」を作成する医師の皆さまへ(465KB)

 

身体障害者診断書・意見書

診断書・意見書

用紙サイズ

ダウンロード

平成27年4月1日から新様式

聴覚・平衡・音声・言語又はそしゃく機能障害用

A3 2枚(両面)

 

聴覚・平衡・音声・言語又はそしゃく機能障害用

 

1079KB

 

関係通知及び資料(厚生労働省ホームページ)