ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

お知らせ

平成28年4月から身体障害者手帳(肝臓機能障害、呼吸器機能障害)の認定基準等が変わりました

肝臓機能障害の認定基準・認定要領、呼吸器機能障害の認定要領が改正されることになりました。

平成28年4月1日以降に作成された診断書・意見書について適用されます。

改正の概要

  •  肝臓機能障害の認定基準の見直し

認定対象の拡大

○チャイルド・ピュー分類C→分類Bに拡大

 

 国際的な肝臓機能障害の重症度分類であるチャイルド・ピュー分類の3段階(A・B・C)のうち、これまで認定基準の対象とされていた分類C(10点以上)に加えて、分類B(7点以上)を対象とする。

 

1級・2級の要件の緩和

○日常生活の制限にかかる指標の見直し

 

血清アルブミン値、プロトロンビン時間、血清総ビリルビン値の項目のうち1項目以上が3点

→肝性脳症、腹水、血清アルブミン値、プロトロンビン時間、血清総ビリルビン値の項目のうち肝性脳症又は腹水の項目を含む3項目以上が2点以上

 

再認定の導入

○1年以上5年以内に再認定(チャイルド・ピュー分類Bの場合)

 

呼吸器機能障害の認定要領等の見直し

指数(予測肺活量1秒率)の算出方法の見直し

○ノモグラムを用いて算出→日本呼吸器学会が発表した計算式(※)を用いて算出

※肺活量予測式

男性0.045×身長(cm)−0.023×年齢(歳)−2.258

女性0.032×身長(cm)−0.018×年齢(歳)−1.178

 

呼吸器機能障害の認定における活動能力程度分類の見直し

○いわゆるHugh-Jonesの分類に基づいた評価→修正MRC(MedicalResearchCouncil)の分類に基づいた評価

 

身体障害者診断書・意見書

診断書・意見書

用紙サイズ

ダウンロード

平成28年4月1日から新様式

肝臓機能障害用

A3 2枚(両面)

 

PDF

857KB

 

平成28年4月1日から新様式

呼吸器機能障害用

 

 

A3 2枚(両面)

PDF

 670KB

 

関係通知及び資料(厚生労働省ホームページ)