ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

【分類8】皆と一緒に活動する。

1.認知症のある方、ない方もレクを同時に行う。認知症の方でも、他の入所者と話しをすることで、

言葉を思い出す効果が期待できる。

2.「他の人と一緒」を強調し、声掛けを行い誘導する。

介助者は対象者と他の入所者の間を取り持つ役目で動く。

3.認知症の方も、食事、排泄、レク等、利用者の方にはみんな同じように取り組んでいる。

みんなの輪の中にまじわり、いっしょに取り組む。

4.他の入所者と同じように、クラブ活動、生活当番に協力。

5.様々な障害を持った方がいっしょに活動することにより、良い刺激や励みになることが多い。