ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

【分類5】個別性、性格・性質などその人をよく把握し理解する。

1.問題行動といっても非常に個別性が強い。その対象者に最適と思われるケアを提供することが必要。

2.不穏状態の根本にある心の訴えを正確に把握し、対応することが必要。

3.なぜそのような問題行動をするのか、原因を考えながら進めていくことが重要。

4.個々に応じたケアを受けることが理想。そのために、その人が何を求め、何をしたいのかを知ることが必要であり、その人をよく把握し、理解することが第一である。

5.常日頃から利用者の性格・性質を見定め、それに合った施設行事への参加が必要。

6.利用者の特性(対人関係、興味対象)をつかむ。

7.本人の興味のあるものを見つけ出し、サービスを提供する(キャッチボール、貼り絵、ぬり絵、歌など)。

8.行動観察をし、個人の好みを把握する。