ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

【分類4】昔話、回想

1.入所者が光り輝いていた時期のことは覚えてみえるので、じっくり話しを聞く。

2.知り得た隣人が昔話、回想話しを聞く。

3.家人について話しをしたり、昔の思い出について話しをする。

4.本人の経歴を話してもらい、(家族等)その時の経済状況、仕事の内容、住んでいた場所など、本人のその世界、価値観を受容的に受けとめ、スタッフもその世界で話すように努めている。

5.家族以外の人との交流が少ないため、(ヘルパーが)言葉がけを大切にし、昔の懐かしい思い出を語ってもらうことで、刺激になり、表情も穏やかになってきた。

6.回想法(本人の得意としていたことや、経験談などを若いスタッフに話すことで、喜びを感じられたり、生活に張り合いが持てるきっかけになるように)