ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

【分類11】昔経験してきたこと、若い頃やっていたこと

 

 

1.手芸・お絵かき・書道・生け花などのクラブ活動により、昔やっていたことが自然と思い出され、若い頃やっていたことが再びできるようになる。

2.利用者が、昔経験してきた知恵・技術を活かす場を持つ。

3.生活療法を基本に考え、残存能力を引き出し、訓練する(体で覚えたことは蘇る)。

4.体で覚えていることをやってもらう。

5昔なじみの活動(子供のころの遊びや簡単な料理などの家事といったことは、ほとんどの方ができる)。

6.若い頃から家での仕事として行ってきた慣れているものを、「仕事」としてやってもらう。

※作業しながら、利用者同士で昔を思い出し会話が弾む。