ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

介護保険サービスの相談はだれにするの?

ここから本文
要介護認定を受けた方は、居宅介護支援事業者(ケアプラン作成事業者)を選んで、どのようなサービスが必要か相談し、いっしょに介護サービス計画を作ってもらえます。利用者は、在宅でサービスを受ける場合,要介護度に応じて使える金額の範囲内で介護支援専門員の助言を受けて心身の状態、家族の状況等に適したサービスを選ぶことができます。なお、介護サービスの計画作成に、利用者負担はありません。
要介護認定
(要介護1〜5)
要支援認定
(要支援1〜2)
居宅介護支援事業者 地域包括支援センター
 
状態の把握
計画の原案の作成
サービス担当者との調整
介護サービス計画の作成
利用者の同意
自分で直接申し込むこともできます。
1割又は2割の負担でサービスが利用できます。
↓↓