ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

Q7保険料を払えば、どんな人でも、サービスを受けられるのですか。

 介護保険は、みなさんから納めていただいた保険料などを使って、介護を必要とする方にその必要なサービスを提供するしくみですから、保険料を払っていても、介護の必要のない方がサービスを受けることはできません。介護を必要とする方であれば、原則として、全体の費用の1割(または2割)を負担することにより、所得水準に関係なく、誰でも介護サービスを受けられます。

介護サービスについては、各都道府県や市町村において、介護保険の事業計画をつくって、その基盤整備に努めています。また、介護保険では、他の都道府県や市町村に事業所や施設があるサービスでも、みなさんの希望に合わせて選択して受けることができます。

さらに、離島や山村などでも必要なサービスが利用できるよう、社会福祉協議会の他、農協や民間の非営利団体など、地域の実情に応じた多様な主体がサービス提供をできるようになっています。