ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

Q3収入が少なくても、保険料を払わなければならないのですか。

 1人ひとりの保険料の額は、年金のほか、給料や事業による所得をもとに決められます。保険料は、住民税の課税状況や収入の状況などに応じて段階的に定められており、住民税が非課税である世帯の方などの収入の少ない方等については、無理のない負担となるように低い保険料となっています。(市町村によって、段階数は異なります。)

 なお、災害や扶養者の失業などで保険料を納めることが難しい場合は、保険料の減免が受けられる場合もありますので、市町村の窓口でご相談ください。