ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

Q1なぜ、保険料を納めなければならないのですか。

 今、老後の一番の不安は、もし、自分が寝たきりになった場合に誰が介護してくれるかということです。人の一生をみると2人に1人は介護が必要になると見込まれています。自分、夫や妻だけでなく、それぞれの親のことまで考えれば、ほとんどの人が介護の問題に直面することになります。

実際に家庭で介護している方の多くは女性ですが、高齢化が進み、介護に期間も長くなり、その負担も重くなっています。介護の問題は、これまで家庭の問題とされてきましたが、今後は、国民みんなで支え合い、崩壊の危機にひんしている家族を助けていこうというのが「介護保険」です。

介護保険は、高齢者の方々にも、現役世代に支えてもらいながら、自ら助け合いの精神で、全体の費用の一部を保険料として負担していただき、必要な介護サービスを提供するものです。この趣旨をみなさんにご理解いただき、確実に納めていただくようお願いします。