ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

指定医の申請手続きについて

指定医制度の概要について

 小児慢性特定疾病患者の方が医療費(調剤医療費を含む)の支給を受けるには、
知事の指定を受けた「指定医」が作成した医療意見書の提出が必要となります。

指定の職務・要件について

<職務>

ア小児慢性特定疾病医療費支給に必要な診断書を作成すること。

イ疾病児童等の健全な育成に資する調査及び研究の推進に協力すること

 

<要件>下記の要件を満たした医師

ア診断又は治療に5年以上従事した経験を有すること

イ診断書の作成を行うのに必要な知識及び技能を有すること

ウ以下のいずれかを満たすこと

学会が認定する専門医(※)の資格を有すること

※厚生労働大臣が定める認定期間が認定する専門医の資格

・岐阜県が行う研修を修了していること

→研修希望者は厚労省が運営するWeb研修を受けていただくことになります。下記「研修の受講方法」をお読みください。

 

研修の受講方法

1.小児慢性特定疾病指定医研修サイト(外部サイト)にアクセスしていただき、ユーザーの新規登録を行ってください。なお、申請先自治体は、主たる勤務先の医療機関の所在地に応じて、「岐阜市」または「岐阜市以外の自治体」を選択してください。

 

2.「指定医研修コース」ページより講義及びテストを受け、「修了証」を印刷してください。

 

3.修了証を下記の指定医申請書類一式とともに、提出してください。(申請先自治体を「岐阜市」と選択された方は岐阜市へ申請をしてください。)

 

 

申請手続きについて

1提出書類
〇小児慢性特定疾病指定医指定申請書兼経歴書申請様式WordPDF記載例

 〇医師免許証の写し

 〇専門医に認定されていることを証明する書面又は知事が行う研修の修了を証する書面

2申請先
〒500−8570
岐阜市薮田南2−1−1
岐阜県健康福祉部保健医療課難病対策係
(申請の際は、「小慢指定医申請書」と記載ください)

 注1)医師の「診断書の作成を行おうとする主たる勤務先の医療機関」の所在地が岐阜市の場合は岐阜市へ申請願います。

 注2)普通郵便を利用された場合の郵送過程における紛失等の事故については、責任を負いかねますので
簡易書留等をご利用されることをおすすめします。

3その他
指定後、氏名、勤務先の医療機関名等をホームページ等にて公表します。

 その他各種様式等

 
1申請内容に変更があった場合小児慢性特定疾病指定医変更届PDF

2指定医の更新を受ける場合小児慢性特定疾病指定医更新申請書PDF

3指定を辞退する場合小児慢性特定疾病指定医辞退届PDF