ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

令和2年度岐阜県放課後児童支援員認定資格研修のご案内

事業の概要

 平成27年4月からスタートした「子ども・子育て支援新制度」では「放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準」(以下「基準」という。)が定められ、放課後児童クラブに「放課後児童支援員」を配置することが義務付けられました。

 本研修は、基準に基づき、基準第10条第3項の各号のいずれかに該当する方が、「放課後児童支援員」として必要な知識や技能等を習得し、有資格者となるために都道府県が実施するもので、県内4会場(1会場4日間で1セットの研修)で実施します。

 

1.受講対象者

 岐阜県内に在住している方で、かつ基準第10条第3項の各号のいずれかに該当する方であって、「放課後児童支援員」として県内の放課後児童クラブに従事することを希望する方

 ※受講定員は、各会場10名程度(先着順)です。

 ※現在、県内の放課後児童クラブで働いている方は、市町村を通じてのお申込みとなります。

 

 基準第10条第3項各号の概要

(1)保育士資格を有する方

(2)社会福祉士資格を有する方

(3)高卒以上で2年以上児童福祉事業に従事した方

(4)幼・小・中・高の教諭となる免許状を有する方

(5)大学にて社会福祉学等の課程を修了し卒業した方

(6)大学にて社会福祉学等の課程の単位を修得し大学院への入学が認められた方

(7)大学院にて社会福祉学等の課程を修了し卒業した方

(8)外国の大学にて社会福祉学等の課程を修了し卒業した方

(9)高卒以上で2年以上放課後児童健全育成事業に類似する事業に従事した方

(10)5年以上放課後児童健全育成事業に従事した方

 

2.会場・日程等(各回:全16科目・24時間(6時間×4日))

 

 

会場名 場所 日程 開催日 備考
岐阜1会場 岐阜県水産会館1階大会議室
岐阜市薮田南1-11-12
1日目 10月17日(土)

受付
9時から9時25分

講義
9時30分から16時45分

※1講義90分
各講義間に15分程度の休憩
昼食の休憩45分程度

※予定ですので、会場の関係等で多少時間が前後する場合があります。

 

※岐阜2会場、飛騨会場は視聴による研修です。

2日目 10月31日(土)
3日目 11月14日(土)
4日目 11月28日(土)
岐阜2会場 同上 1日目 11月19日(木)
2日目 11月24日(火)
3日目 11月25日(水)
4日目 12月4日(金)
西濃会場 西濃総合庁舎4階大会議室
大垣市江崎町422-3
1日目 11月2日(月)
2日目 11月16日(月)
3日目 11月30日(月)
4日目 12月14日(月)
東濃会場 セラトピア土岐3階大会議室
土岐市土岐津町高山4
1日目 10月25日(日)
2日目 11月8日(日)
3日目 11月29日(日)
4日目 12月13日(日)
飛騨会場 飛騨総合庁舎中会議室
高山市上岡本町7-468
1日目 10月30日(金)
2日目 11月9日(月)
3日目 11月27日(金)
4日目 12月7日(月)

 

 

3.研修項目・科目(1科目=90分)

1.放課後児童健全育成事業(放課後児童クラブ)の理解

 (1)放課後児童健全育成事業の目的及び制度内容

 (2)放課後児童健全育成事業の一般原則と権利擁護

 (3)子ども家庭福祉施策と放課後児童クラブ

 

2.子どもを理解するための基礎知識

 (4)子どもの発達理解

 (5)児童期(6歳から12歳)の生活と発達

 (6)障害のある子どもの理解

 (7)特に配慮を必要とする子どもの理解

 

3.放課後児童クラブにおける子どもの育成支援

 (8)放課後児童クラブに通う子どもの育成支援

 (9)子どもの遊びの理解と支援

 (10)障害のある子どもの育成支援

 

4.放課後児童クラブにおける保護者・学校・地域との連携・協力

 (11)保護者との連携・協力と相談支援

 (12)学校・地域との連携

 

5.放課後児童クラブにおける安全・安心への対応

 (13)子どもの生活面における対応

 (14)安全対策・緊急時対応

 

6.放課後児童支援員として求められる役割・機能

 (15)放課後児童支援員の仕事内容

 (16)放課後児童クラブの運営管理と運営主体の法令の順守

 

 

4.受講費用

 研修受講料は無料です。ただし、研修会場への交通費・テキスト代は受講者側でご負担いただきます。テキストは、「放課後児童支援員のための認定資格研修テキスト」(かもがわ出版)を使用します。研修1日目に会場でも販売(1,200円)する予定です。

 

5.受講申込方法

(1)募集期間

 令和2年8月7日(金)必着

 

(2)申込先

 特定非営利活動法人学童保育指導員協会

 所在地:〒456-0006

 愛知県名古屋市熱田区沢下町9-7-308

 

(3)申込方法

 以下の書類を上記(2)の申込先へ、簡易書留にて募集期間内に到着するよう郵送してください。(FAX不可)

 (ア)受講申込書:エクセル様式PDF様式

 (イ)本人であることを確認できる書類の写し(運転免許証・健康保険証・パスポート・マイナンバーカードのいずれか)

 (ウ)受講資格を確認できる書類(資料1をご確認ください。)必要書類の一覧(資料1

 (エ)その他必要な書類(下記(4)に該当する方等)

 ※証明書類等の写しはできる限りA4サイズにしてください。

 ※(ア)から(エ)の順にそろえ、左上をホチキス止めにしてください。

 ※必要な方は以下の様式をご使用ください。

 基準第10条第3項(第3号・第9号・第10号関係)「従事証明書」エクセル様式PDF様式(2年間)、PDF様式(5年間)

 基準第10条第3項(第9号・第10号関係)「市町村長が適当と認めたことの確認書」ワード様式PDF様式

 

(4)科目の一部免除について

 既に取得している資格等に応じて、研修科目の一部について免除することができます。

 詳細については、資料2をご確認ください。一部免除規定(資料2

 

(5)受講決定・案内

 お送りいただいた申込書類について内容を確認後、令和2年8月21日(金)までに受講決定通知書等をお送りします。

 受講決定とならなかった方には、その旨通知いたしますとともにお送りいただいた書類を返却いたします。

 

(6)その他

 研修当日は、本人確認を実施します。運転免許証・健康保険証等公的機関が発行する証明書の原本を受付にてご提示ください。