ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

子どもへの虐待について

 子ども虐待が増えています。虐待をしてしまう親さんは、多くの場合悪意があってしているのではありません。夫婦間の問題や経済的な問題、社会からの孤立などがストレスとなって子どもにあたってしまったり、子どもに関心を向けられなくなっていることが多いのです。
また、虐待する親は、自らがかつて虐待を受けていたことも少なくありません。

虐待を防ぐには、多くの人がこのことに対して共感し、正確な知識を持って支援をしていく事が必要です。