ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

H28年度障がい児者支援を考える公開連続講座を開講します!(参加者募集)

医療的ケアを必要とする重症心身障がいや、自閉症をはじめとする発達障がいなど、障がい児者の支援には、医療や福祉・教育等に及ぶ広汎な知識を必要とするため、現場の従事者は、それぞれの分野で専門性を発揮する一方で、専門外の知識についてもトータルで体系的に学ぶ場の必要性が指摘されてきました。

このため岐阜県では、岐阜大学の障がい児者医療学寄附講座との共催により、障がい児者支援についての理解を促進するとともに、多職種が相互に理解を深めることを目的とした公開連続講座を、平成26年度から開催しています。3年目となる平成28年度は概論に留まらず、各分野の特定課題における支援の取り組みを中心とした実践的な内容とし、医療・福祉・教育の分野から障がい児者支援を多角的に考える機会を提供します。年間を通して全てでも、あるいはご関心のある回のみでも、ご都合やご希望に応じた受講が可能です。皆様のご参加をお待ち申し上げております。

【概要】

日時

 平成28年9月15日(木)から平成29年2月10日(金)(毎月1回、計6回)

会場  ふれあい福寿会館大会議室(岐阜市薮田南5-14-53)
実施時間

 19時00分から20時30分の1時間30分

受講対象

 福祉関係者、医療従事者、その他障がい児者支援についての理解を深めたい方

定員  各回250名
主催  岐阜県、岐阜大学障がい児者医療学寄附講座
参加費  無料
添付資料

 プログラム(PDF:212kb)

 

【申込みについて】
応募方法

 申込みフォームにて必要事項を記入のうえ、送信してください。⇒申込みフォームへはこちら

 上記の方法による申込みが不可能な場合は、申込書に必要事項を記入し、メールまたはFAXで県庁医療福祉連携推進課へ申し込み

応募期間  随時申込みを受付けております。
添付資料  参加申込書(PDF:467kb)

 

【開催内容】

開催日

 テーマ

 講師
1 9月15日(木)

「HAPPY」からはじめる幸福追求型アプローチ

鹿野昭幸、他はびりすスタッフ

関ケ原病院放課後等デイサービスはびりす児童発達支援管理責任者

2 10月13日(木) 発達障がいへの関わり作業療法士の実践から

鴨下賢一

静岡県立こども病院専門作業療法士(福祉装具・特別支援教育)

3 11月17日(木) 発達障がいのある人の育ちと支援家族の役割を含めて

高橋脩

豊田市福祉事業団理事長

4 12月15日(木)

ボバース概念に基づく子どもの実践リハビリテーション

黒澤淳二

大阪発達総合療育センターリハビリテーション部部長

5 1月19日(木) ロボットで変わる介護現場のいま

大矢諭志

(株)トーカイシルバー事業本部業務部企画課担当課長福祉用具専門相談員

6 2月10日(金) 岐阜県における特別支援教育の現状

松原勝己

岐阜県教育委員会特別支援教育課課長補佐兼特別支援学校整備係長

【問い合わせ先/申込み先】
所属 医療福祉連携推進課障がい児者医療推進係
電話 直通:058-272-8279
内線:2627
FAX 058-278-2871