ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

第5回岐阜県小児在宅医療実技講習会を開催(参加者募集)

医療的ケアを必要とする重症心身障がい児者の多くが在宅で生活を送る中、その診療やケアに対応できる医師等医療従事者が不足しています。

県では、小児・障がい児者の在宅医療に携わる人材育成を図るため、岐阜大学障がい児者医療学寄附講座・小児病態学と連携し、県内の小児在宅医療に関心のある医療従事者等を対象に、小児在宅医療の基礎知識及び基本技術の習得を目的とした実技講習会を開催します。

この講習会は、今年度で5回目を迎えますが、基調講演及び実技や講義を交えた講習など、充実したプログラムとなっており、小児在宅医療のスキルアップを目指す受講者を募集しています。

 

概要

開催日 令和元年7月21日(日)
開催時間 10:00から17:00
開催場所 岐阜県総合医療センター(岐阜市野一色4-6-1)
参加料 無料
主催 岐阜県、岐阜大学障がい児者医療学寄附講座・小児病態学
添付資料

プログラム(PDF:76kb)

参加申込用紙(第1部のみ・看護師・医療職用)(PDF:98kb)

 

お申込み

応募方法

参加申込書により必要事項を記載の上、FAXで申込み。

FAX番号:058ー230ー6387

応募締切 令和元年6月28日(金)

 

プログラム

第1部小児在宅医療講演会10:00から12:10

会場:講堂

対象:小児在宅医療に関心のある医療職等

プログラム:

10:00開会の挨拶

10:10基調講演1「病院(小児科)からみた小児在宅医療」

 中村知夫先生(国立成育医療研究センター総合診療部在宅診療科診療部長)

11:30基調講演2「子育て支援としての小児在宅医療」

 田中総一郎先生(あおぞら診療所ほっこり仙台院長

(12:30から13:15企業展示見学自由参加)

 

第2部小児在宅医療実技講習会13:15から17:00

会場:講堂・大会議室

対象:小児在宅医療に関心のある医師・看護師

13:15から13:20オリエンテーション

13:20から13:50講演「災害時に必要な医療的ケア」

 田中総一郎先生(あおぞら診療所ほっこり仙台院長)

13:50から14:10講義1「NPPVの適応と留意点」

 寺澤大祐先生(長良医療センター新生児科医長)

14:15から14:45実習1「NPPVマスクフィッティング」

14:45から15:05-休憩-

15:05から15:25講義2「気管切開児のケア」

 松尾直樹先生(こども循環器クリニックくの小児科)

15:30から15:55実習2「気管カニューレ交換」

16:00から16:20講義3「胃瘻の実際」

 安田邦彦先生(長良医療センター小児外科部長)

16:25から16:55実習3「胃瘻交換」

16:55から17:00閉会の挨拶

16:55閉会の挨拶

 

問い合わせ先

所属 医療福祉連携推進課障がい児者医療推進係
電話 直通:058ー272ー8279
内線:2627